【100人にアンケート調査】疲れたときに癒しを得る9つの方法

記事更新日: 2020/09/24

ライター: みこ

毎日、仕事に人間関係にと頑張っている私たち。ときには、

 

もう疲れた…癒されたい…

そう思うこともありますよね。

そんなとき…

あなたはどんなもので癒されていますか?

 

当サイトグレバリでは、『癒し』についてのアンケートを実施。

  • 『癒し』がほしいと思う瞬間はどんなときか?

  • 『癒されたい』ときにすることはなにか?

について104名に聞いてみました。

 

みこ

このアンケート結果を解析してわかった、癒しを得るための9つの方法をお伝えしていきます!

 

『癒し』に関するアンケート基本情報

今回行ったアンケート調査についてご紹介。

年代別の割合は、下の表のとおり。20代から40代が中心となっています。

 

質問の内容についてはこちら。

『癒し』に関するアンケート内容
Q:日常の中で『癒し』がほしいを思ったときはありますか?
Q:『癒し』がほしいと思ったときはどんなときですか?
Q:あなたが『癒されたい』ときにすることは何ですか?
Q:あなたのお気に入り『癒しのアイテム』を教えてください。

 

最後の質問、「お気に入り癒しのアイテム」については、こちらの記事を参考にしてください!

 

『癒し』がほしいと思ったことのある人は97%

Q:日常の中で“癒し”がほしいを思ったときはありますか?

なんと97%の人が、『癒し』が欲しいと思った経験があると回答。

みこ

私なんて、毎日思ってるかもしれません!笑

 

疲れたときに癒しがほしくなる

Q:『癒し』がほしいと思ったときはどんなときですか?

ではでは、どんなときにみなさんは癒しがほしいと感じているのでしょうか?

 

第1位は「疲れたとき」

なんと約9割の人が疲れたときと回答しています。

働き盛りの年代にとって、仕事に、家事にとやることも多く、疲れてしまうことって本当に多いですよね。

みこ

疲れたときに癒されたいと思うのには納得。

 

第2位は「ストレスが溜まったとき」で、半数以上。ストレス社会に生きる現代人にとっては、当たり前の結果なのかもしれません。

 

「時間の余裕がないとき」が第3位になっていることからみても、毎日忙しく生きて疲労している日本人の姿が思い浮かびますね。

 

もう疲れた…癒しを得るための9つの方法

 

疲れた…もう無理…

そんなとき、みなさんはどんなことをしているのでしょうか?

 

Q:あなたが『癒されたい』ときにすることは何ですか?

結果がこちら。

 

みこ

多くあげられていた、9つを取り上げてみていきます!

 

①とにかく寝ること

結果は分散していましたが、

寝ることで疲れを癒す人がもっとも多いという結果になりました!

 

疲れたときに、ふかふかの布団にくるまって、なにも考えずに寝るって最高ですよね。

癒されるだけではなく、睡眠は次の日を疲れにくく、元気に過ごすためにとても大切なんです。

みこ

一度睡眠について見直してみるのもおすすめですよ。

合わせて読みたい

 

②美味しいものを食べる

次に多かった回答は、美味しいものを食べること。

美味しいものを食べることって、本当に幸せで満たされた気持ちになりますよね。

 

とはいえ、高価な食事がいいというわけではありません!

せかせかと、とりあえずお腹を満たすというのではなく、ゆっくりとくつろぎながら、食事の味を噛みしめて食べる。

それこそが、自然の恵みをいただいているということですよね。

 

スエーデンのお茶の文化「フィーカ」を取り入れて、ほっと安らげる時間を作ってみるのもいいかもしれません。

合わせて読みたい

 

③旅行に出かける

旅行に出かけるって、日頃の嫌なことも大変なことも忘れられて癒されますよね。

ですが、

 

今年はなかなか思うように旅行ができなくてがっかり…

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方なら、近場で少し優雅に過ごすホテルのアフタヌーンティー、自宅に居ながら行った気分を味わえる「オンライン温泉」、手軽にアウトドア気分を味わえる「ベランピング」などを取り入れて非日常を味わってみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

 

④お風呂でリラックス

温かいお湯に浸かることって、気持ちがいいだけじゃなく、心も体もリラックスして癒されますよね。

 

 

忙しくてシャワーで済ませてしまってるかも…

という人も多いかもしれませんが…

湯船に浸かることは体内の血液循環がスムーズになったり体内の老廃物を排出しやすくなったりといいことづくめ!

 

10分でもいいから時間を作ってみると、その日の疲れの取れ具合が変わってきますよ。

合わせて読みたい

 

⑤好きな音楽を聴く

「NO MUSIC,NO LIFE.」というほど、生活に密着している音楽。

好きな音楽を聴くことは、本当に癒されます。

最近はサブスク音楽配信サービスが充実しているので、新たな音楽との出会いを楽しむのもいいですよね。

 

⑥マッサージをうける

マッサージをうけることは、日頃の体の疲れがふっと軽くなる至福のときですよね。

 

実は、マッサージはコリがほぐされるということだけでなく、肌と肌が触れることによって「幸福ホルモン」と言われるものが分泌されています。

なので、癒されたいときにマッサージをうけるととってもリフレッシュできるんです!

最近疲れているな〜と感じたときには、自分へのご褒美でマッサージをうけてみるのもおすすめです。

 

⑦自然に触れ合う

都会に住んでいると、少し緑をみただけでも癒される感覚がありませんか?

 

自然に触れ合うことは、目の保養になるというだけでなく、ストレスホルモンが低下させるという研究結果もあるほどです。

とはいえ、時間的にも自然豊かな場所に行く余裕はないもの。

そんなときは、観葉植物を家に置くだけでも効果がありますよ。

合わせて読みたい

 

⑧友達や恋人と会う

 

嫌なことがあっても人に話したらスッキリした!

という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

話をすることで、自分の中で感じていた不安やイライラを改めて振り返り、解決策が見つかったり、忘れることができたりとストレスが軽くなっていきます。

 

⑨趣味に没頭する

アンケート調査の結果では、趣味の「YouTubeを見る」という意見が多くありました。

時間を気にせず、自分の好きなことをするというのは、とても楽しいひとときですよね。

 

自分の癒し方を見つけよう!

みこ

取り入れてみたい癒しの方法は見つかりましたでしょうか?

ストレスの多い現代社会。

日々のストレスを溜め込まずに、毎日自分を癒しながら明日も頑張りましょう!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ