ヒルトン東京お台場で過ごす休日|ホテルのデザートビュッフェで寛ぎと癒しのひとり時間

記事更新日: 2020/09/25

ライター: あおば


おいしいものが食べたい。
でも人と会っての食事は、どこかしんどい…

なんとなく出かけにくくて、「今年は夏らしいことを何もしていない!」という人も多い2020年。かく言う私も、そのうちの一人です。

あおば

疲れもなかなか取れないし、今日は一人でゆっくりできるところに行こう!

 

そう思い立って出かけてきました。

あおば

お台場!



ゆりかもめ「台場駅」から直結のヒルトンお台場で開催されているデザートビュッフェへ、今回ひとりで参加。

ホテルで過ごす寛ぎの時間で、気持ちも回復!
昼下がりの優雅なティータイムの様子と、ビュッフェデザートをレポートします。

ヒルトン東京お台場のデザートビュッフェへGO!

あおば

休日にちょっと足を延ばして、ヒルトン東京お台場まで行ってきました~

 

今ヒルトン東京お台場で開催しているのが、”近未来の縁日”をテーマにした「NEO DAIBA Presents~進化し続ける街の大縁日へヨウコソ!というデザートビュッフェ。


デザートビュッフェ自体が久しぶりなので、ワクワクします!

 

ヒルトン東京お台場です!

 

あおば

おー!お台場まで来るのも久しぶりだぁ…


最近の休日はなんとなく億劫であまり足を延ばして…ということがなかったので、久しぶりに海を見てちょっとテンションも上がります。

この日は雨でくもり空でしたが、それでも一面のオーシャンビューは気持ちがいい!

眼前に広がる海!


「県外まで行ってもいいかなぁ?」と、外出が遠慮がちになりがちなこんなタイミングだからこそ、遠すぎず近すぎず、
ちょうどいい距離感のお台場

気分転換のプチリトリートにはもってこいのロケーションですね!

近未来のスイーツはこうなる?”NEO DAIBA”

デザートビュッフェの会場は、ヒルトン東京お台場のロビーフロアにあるオールデイダイニング「シースケープ テラス・ダイニング」

仮想都市と縁日をテーマにした今回の「NEO DAIBA(ミライ・エンニチ)」は、デザートビュッフェのほか、メインディッシュも楽しめるランチとディナーでも開催しています。


デザートビュッフェは1部・2部の入れ替え制。

1部は14:45~16:15
2 部は16:30~18:00

の90分間、好きなデザートを好きなだけ楽しめます。

あおば

ビュッフェ屋台のデコレーションも凝ってる!キラキラだー✨

 

本来はこのビュッフェ台にデザートやスイーツが並ぶ予定だったようですが、今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、テーブルビュッフェでの提供。

ビュッフェ台も見どころなので、これから行く方はぜひチェックしてください!

レインボーブリッジを眺めながらのひとり時間

あおば

景色がいいな~!この席に座ってぼんやりしてるだけでも癒される…

と、しばしの間ぼんやり。


テーブルビュッフェスタイルなので、席に案内された後はお皿に盛り付けされたデザートが運ばれてきます。はじめはウェルカムドリンクも!

ジュースを飲みながら、景色を眺めているとデザートが登場。

デザートプレートの種類は全部で6種類!
その日チョイスされたスイーツが少しずつ盛り付けされて、テーブルまで届きます。

選んだプレートはティースタンドへ。テーブルビュッフェだけど、アフタヌーンティーの雰囲気も味わえちゃいますね。

もちろんおかわりは自由。
スタッフさんに声をかけてデザートを持ってきてもらい、食べたいプレートを選びます。ドリンクはコーヒーと紅茶から。

飲み物とデザートが揃えば、優雅なお茶会のはじまりです。

不思議な感覚になる”そっくり!縁日デザート”

近未来と縁日がテーマのスイーツはとにかくカラフル!
レインボーブリッジをイメージした虹色のゼリーに、チョコバナナそっくりのバナナケーキ。(バナナの皮はチョコレート!)

奥は今流行の、韓国のマカロン「トゥンカロン」。本場のトゥンカロンはその大きさが特徴ですが、ビュッフェ用に小さめサイズ。昔なつかしいメロン味が、屋台風味!

日本を代表するスイーツ、あんみつもお台場バージョンで。やわらかい求肥とこっくりとした黒蜜味の寒天が夏らしい味わいです。日本茶…よりも、不思議と濃いめのコーヒーが飲みたくなります。

まるでビール!な「シュワシュワビールゼリー」の横には、熱々(?)の餃子を添えて。
本物そっくりですが、食べるとやっぱりスイーツ!(メレンゲでしっかりとたてた泡は、時間が経っても消えません)

「餃子マジパン」は、ペストリーシェフの鈴木裕太氏がドイツの伝統菓子を参考につくった自信の一品。
日本でマジパンと聞くと「ケーキの上に乗ってるアレ…」というイメージが強いですが、実は本場ドイツでは、それだけで主役になるほどの高級菓子!

特にマジパンで有名なのは、世界遺産の街・北ドイツのリューベック。ここに「ニーダーエッガー」という”ありとあらゆるマジパン”が揃うといわれる名店の本店が置いてあります。

アーモンドの風味とコクのあるチョコマジパンの中に、ほんのりとオレンジの香りがする不思議な餃子は、まさに未来スイーツ!
しっかり甘いから、あわせる飲み物はエスプレッソがおすすめ。

甘いデザートだけでなくセイヴォリーの用意もあります。別添えでカレーもあるから、小腹どころかお腹はいっぱいになりますよ。

そんな近未来のおもしろスイーツ&デザートが勢揃いする中でも、ひときわ縁日らしさ溢れたのが「九龍球スーパーボールゼリー」

鉢のなかを金魚が泳ぐ、涼しげな装い。

もう秋はそこまで…という季節ですが、夏らしい場所にどこも行けなかった今夏をなぐさめてくれるような可愛らしさに癒されました。

あおば

ああ、今年も夏は終わりだな…


と、しみじみ感じる午後のひととき。

時間の流れをゆっくり感じる優雅なティータイム

レインボーブリッジを走る車の流れや雲の動きを目で追いながら、あまいお茶の時間をゆったりと過ごしていると、だんだんと気持ちが落ち着いてくるのがわかります。

あおば

あ~、ゆっくりできていい時間だなぁ…


日頃の喧騒を忘れて、海辺のホテルダイニングでゆったりと過ごす時間は、大人だからこそ楽しめるとっておきのひとり時間

もちろん、友達と一緒にみんなでワイワイとしゃべりながらのデザートビュッフェは楽しいですが、時には一人で好きなものを好きなだけ楽しむ、そんな時間があってもいいのかも!

次はカウンターに挑戦?日本料理「さくら」にも行ってみたい!

ヒルトン東京お台場の3階には、日本料理「さくら」があります。

この料亭エリアには、板前さんがライブでお寿司を握ってくれるカウンターのほか、目の前で天ぷらを揚げてくれるカウンターのお席も。

抜群の景色と揚げたての天ぷらを楽しむ贅沢。

あおば

オーシャンビューのカウンターで秋の味覚に舌鼓…はまた今度!…かな?


お料理と一緒に、景色もまるごといただける最高のロケーション!
おいしいものでお腹も心も満たされます。

近場でプチリトリートができる癒しのホテル


一人だとちょっと気恥ずかしさのあるデザートビュッフェですが、ヒルトン東京お台場は一人でも入りやすい雰囲気でした。

あおば

お腹いっぱいになって景色も最高!レストランもいい具合の静かさで、ゆっくりと落ち着けました~
おひとりさまビュッフェ、わるくない!

気持ちが疲れて、おいしいものをたくさん食べたい…でも人と話すのはちょっとしんどい…
そんなときには思い切ってデザートビュッフェ!

しっとりと海辺でティータイムの時間、癒されますよ。

【概要】

縁日の楽しそうな雰囲気に誘われて、オバケたちが遊びに来ちゃった!?

9月18日からは、代表的な秋のお祭りのひとつであるハロウィンの要素を追加し、
味にも見た目にも楽しい新アイテムにリニューアル!縁日×ハロウィンの新しい世界観をお楽しみください。

(また、感染症対策の観点から提供方法をティースタンドに変更し、プレート交換制でお好きなだけデザートをご堪能いただけます)

■会場:シースケープ テラス・ダイニング 
■開催期間:~2020 年10月31日(土)

【デザートテーブルビュッフェ】
※90 分制
・1 部:14:45~16:15
・2 部:16:30~18:00

料金:平日  大人 3,500 円/ お子様 2,100 円、土日祝  大人,3,900 円/ お子様 2,340 円 
※税金・サービス料別途 ※お子様は小学生まで ※未就学児無料

【ランチ・ディナー】
※90 分制
・ランチ 11:00~14:15
 アペタイザー+メインディッシュ一品+デザートテーブルビュッフェ
・ディナー 18:30~22:00
 アペタイザー+魚料理+肉料理+デザートテーブルビュッフェ

料金
・ランチ 平日 お一人様 3,800 円、土日祝 お一人様 4,300 円 
・ディナー 平日 お一人様 5,500 円、土日祝 お一人様 6,000 円
※税金・サービス料別途

この記事を書いたライター

あおば

自然が大好き。

サステナブルで心豊かに生活していくために実践できることを
コツコツ発信していきたいと思っています。

アウトドアからオーガニックまで、ナチュラルに癒される生き方・暮らし方の情報が中心です☺

この記事に関連するラベル

ページトップへ