人間関係の悩みから解放!悩みの原因と解消するための楽になる考え方

記事更新日: 2021/01/06

ライター: きい

会社の上司や部下、身近な友達やママ友など・・・

 

きい

どこの環境にいても、人間関係の悩みはつきものですよね。

 

でも、その悩みを放っておくと、心や体に悪い影響を及ぼしかねません。

 

人間関係の悩みは自分の考え方次第で、少しずつ解消することができます!

ここでは、人間関係に悩んでいる原因や、悩みを解消する考え方についてお伝えしていきます。

 

きい

あなたの悩みが、少しでも良い方向に進みますように。

 

誰しもが、人間関係で悩んでいる!

人間関係の悩みは誰もが持っているもの。

ビジネス情報サイトの「ダイヤモンド・オンライン」の調査によると、色々な人との間にストレスの要因が発生しているということが明らかになりました。

(引用:ダイヤモンド・オンライン)

 

特に、女性の場合は「子どもとの関係」にストレスを感じ、男性の場合は「職場の上司との人間関係」にストレスを感じていることが分かります。

 

ではなぜ、人間関係に悩む人が多いのか?

 

人間関係に悩む原因は?

まじめな人が多いから

人間関係で悩む人の共通点として、「まじめ」だということが挙げられます。

 

相手に話を合わせたり、相手の話を正面から受け止めてしまうなど、自分にとって息苦しい環境を作ってしまいがちです。

また、相手に嫌われないように、良い気持ちにさせたいなどから、自分の気持ちを押し殺してしまうことも人間関係に悩む要因と言えます。

 

相手の話すスピードやテンションに合わせようとするから

相手の話すスピードによって自分も早く話したり遅く話したり、相手の話すテンションによって自分も明るくしたり暗くしたり・・・

無意識に相手の話すスピードやテンションに合わせようとしていませんか?

そうすることによって、いつもの自分の話すスピードやテンションが乱されて、余計にストレスや疲れとなり、「人との会話に疲れた」と感じるようになります。

 

一人で抱え込んでしまうから

人間関係の悩みや愚痴を誰かに話したりしていますか?

人間関係の悩みの場面にあっても、その日に忙しかったり疲れていたりすると、悩みや愚痴を吐き出せずに我慢してしまうということが多くあるはずです。

この、我慢がどんどん溜まっていき、人間関係の悩み貯金はどんどん膨れ上がってしまいます。

 

人間関係の悩みを少しずつ解消するための考え方

全ての人に好かれようとしない

周りの人は、生まれた環境が違えば考え方や価値観も違います。

なので、全員に好かれようとするのは無理なこと。

 

「人に好かれても好かれなくてどっちでもいいや。」というスタンスでいると、心が解放されて楽になります。

 

100%じゃなくていい

相手と接するときに、「100%完璧な自分」「100%の笑顔」など、100%の自分を出そうとしていませんか?

相手にとっては嬉しいことですが、これをやり続けると自分の心がどんどん削れていってしまいます。

その日の気分や体調などによって、70%の日があったり、50%の日があっても良いのです。

 

時には誰かに頼ることも必要

自己完結したり、一人で我慢したりしていませんか?

そんなときは、家族や心許せる友人などにSOSを出しましょう。

自分のタスクを手伝ってもらったり、悩みや愚痴を聞いてもらったりなどすることで心が軽くなります。

 

頼る相手がいない場合は、悩み相談などの関係機関を利用することも検討してみましょう。

 

【さいごに】疲れたら自分自身に癒し時間を!

職場や近所、友達など・・・。

人間関係の悩みは誰しもがもつもの。

 

今後も、人間関係で悩んだり落ち込んだりするようなことがあれば、我慢せずに吐き出してください。

溜め込んだりするのは心にも体にも良くないので、自分自身を癒したり甘やかすことも時には必要です。

 

あなたの心が少しでも解放されますように。

 

合わせて読みたい
関連記事

ストレス発散の方法10選!明日からも元気な自分でいるための方法

更新日: 2020.12.22

この記事に関連するラベル

ページトップへ