Hitohana(ひとはな)の花の定期便はおしゃれ!|特徴や口コミ

記事更新日: 2020/11/28

ライター: あおば

 

いずみん

お花の定期便サービスを始めてみたんだけど、結構届いたら萎れたり、意外としょぼかったり…なんか他の良いサービスがないかな?

あおば

Hitohanaっていうサービスだと至れり尽くせりで対応してくれるよ

 

なぜこれをあおばが進めているかというと…

広告費を削ってその分お花の良さにお金をかけている会社だからこそ

よりよいお花を届けてくれるから!!!

 

この記事を読んでわかること

・お花、観葉植物のオンラインストアHitohanaとは?

・お花の定期便サービスの特徴
・実際の使用者の口コミ

 

 

Hitohana(ヒトハナ)とは

お花、観葉植物専門のオンラインストア。

企業向けにはオフィスに観葉植物を置きたいという人や、

個人にはお家へのお花の定期便サービス、フラワーアレンジメントなどを取り扱っています。

 

あおば

専門だけあってその取扱量は10,000以上!!!

いずみん

すごいたくさん!しかもいろんなニーズに対応してくれそう

 

お花のギフトでは、

定番の花束以外にも、

置き型のフラワーアレンジメントや、

 

壁にも飾れておしゃれなリースも作成してくれます。

 

また、お花のアレンジメントに関しては、

あおば

お花の種類、カラー、イメージなどから選べる

 

そんなHitohanaのお花の定期便特徴!

Hitohanaのお花の定期便の特徴

選べるお花の定期便

 

他の定期便と違う、最大の特徴の1つ

あおば

お花のカラーが毎回選べること!!

選べるカラーは8種類

もちろんお任せも可能ですが、気分やお部屋のカラーに合わせて頼むことが可能です。

 

自社でアレンジ

自社のフラワーデザイナーがアレンジをしているため、品質が偏るといったことが少なくなります。

 

 

 

センスが良いと噂

いずみん

他の定期便との違いはわかったのだけど…でもなんでHitohanaなの?

あおば

これは他の定期便と比較してみてダントツお花のセンスが良いと感じたから

 

他の定期便との比較はこちら

 

 

あおば

よく聞くBloomee LIFEとかもあるのだけど、色の使い方とかがインテリア向きだと思うんだよね~

 

他のお花の定期便を使っていたけれども、

選択肢の幅があることからHitohanaに変えた人も!⇩

 

Hitohanaのお花の定期便は高い?

いずみん

ただ最安値は1500円/1回だから…他の800円プランとかと比べると高い気がしてしまうな~

あおば

それもわかります笑 ただしボリューム感長持ちのしやすさはHitohanaの方が上

 

他のサイトでは、来た時にお花が萎れている、元気がない…との口コミが多数。

ポスト投函で簡単ではあるものの、やはりお花への負担は重そう。

 

一方、Hitohanaでは段ボールで配達、広告費を削ってお花に割いている分かなりお花が豪華!!

公式サイトも自信をもって主張している点です⇩

 

また、お花もかなり長持ちしています。

1か月以上生き残っている(笑)お花たちも…

 

Hitohanaのデメリットは?

では他のお花の定期便であると比べてHitohanaのデメリットは何でしょうか?

 

ポスト投函ではなく宅急便なので宅配ボックスor直接受け取りが必要なこと

 

実際に届いた感じは以下⇩

段ボールにきっちりと入っている分、お花を傷つける心配がなく安心ではあります。

ただし、宅配ボックスなどがない場合宅配として受け取らなければいけない点が手間かもしれませんね。

 

センス良くボリューム感あるお花の定期便が欲しい方に

Hitohanaはもともと植物やお花を取り扱う専門店だからこそ

自社の流通網や仕入れ市場をよく知っており

季節や色などを考慮しながらお花・植物を取りそろえることが可能です。

 

長持ちするので月1回から~という気持ちで始めてみることも可能。

いずみん

解約の縛りもないし、まずは月1回で初めてみようかな

お試しで初めて見るというのも手ですね。

あおば

広告費を割いていない分、正直この記事を通してみなさんに知ってほしいくらい!!)

ぜひ公式サイトをご覧になってみてください!

 

Hitohanaのお花を見てみる

 

合わせて読みたい

 

 

 

この記事を書いたライター

あおば

自然が大好き。

サステナブルで心豊かに生活していくために実践できることを
コツコツ発信していきたいと思っています。

アウトドアからオーガニックまで、ナチュラルに癒される生き方・暮らし方の情報が中心です☺

この記事に関連するラベル

ページトップへ