【テイスティングは本当に無料⁉】レコール・デュ・ヴァンの体験談

記事更新日: 2020/10/17

ライター: Cot

 

ライターのprofile
Cot
勤務歴5年のナース
お酒は得意ではなく、ワインも飲めてグラス一杯くらい
ワインだと酸味のある白ワイン派!
もっとワインを味わって楽しみたいと思い、今回はワインスクールを見学

今回はワインスクールの2大大手「レコール・デュ・ヴァン」のテイスティング無料体験に参加しました!

いずみん

テイスティングは興味あるけど、無料体験だけど「押し売り」とか「勧誘」がしつこいんじゃ…

Cot

結論から言うと要らぬ心配でした!

ただし女性は土日や平日の日中や夕方をおすすめします!理由は会場までの道のりが薄暗いからです。

この記事では、実際に(お酒の弱い)わたしがレコール・デュ・ヴァンのテイスティング無料体験会に参加した体験談を解説します!

 

レコール・デュ・ヴァンの基本情報

スクール名
レコール・デュ・ヴァン
キーワード
庶民的」「アットホーム」「少人数
ビギナー向け
全8回¥62,500(税込み)
ソムリエ向け
全32回¥311,680(税込み)
校舎
渋谷校、新宿校

レコール・デュ・ヴァンは創立16年のワインスクール。

ワインと料理のマリアージュも勉強できるなど、ライフスタイルに合わせた講座を開校しています。

趣味で初めてワインに触れる人から、資格を持って極めたい人まで幅広く対応しています。

このスクールの特徴は、講師と生徒も仲が良く少人数でアットホームな雰囲気の教室です。

 

ホームページから事前申し込み

今回は渋谷校のワインテイスティングの無料体験講座に申込ました。

公式ホームページから申し込むことができます。

新宿校と渋谷校どちらも体験申し込みができ、「1DAYテイスティングセミナー」や「チーズ1DAYテイスティングセミナー」の体験が無料でできます。

レコール・デュ・ヴァンは体験講座の曜日・時間帯のバリエーションが豊富です!

いずみん

平日の夜もあるし、土日も豊富にあるのね!

Cot

わたしは渋谷校で平日の夜の会に参加しました!

ホームページから申し込むとメールが到着します。

あとは当日に会場へ行くだけ!

前日のリマインドメールはありません。

いずみん

無料とは書いているけど…

 

レコール・デュ・ヴァンまでの道のり

 

当日の校舎までの道のりを紹介します。

HPに掲載されている地図を参照すると、渋谷駅からすごく近そうに見えます。

ところが…

今回は渋谷駅の南口から向かいました。

明治通りに沿って恵比寿方面へ向かいます。

まだ人通りは多いです。

明治通りりを右折します。

いずみん

ちょっとうす暗いかも。

そして次の角を右に曲がります。

どんどん奥に迷い込んでいきます。

いずみん

え~。これ道合ってるの?

そして細い路地を左に曲がります。

周りが暗すぎてすごく不安になります。。。

いずみん

えー!ちょっと怖いかも。。

さらにうす暗い路地を奥に進みます。

HP地図みたいに大通り近くでないです。

いずみん

もやはあの位置図、アバウトすぎでしょ!

正面を左に行くとビルに到着。

しかし!1階のにはタバコを吸ってたむろしている輩が7人ほど。

エレベーターで4階に行かなくてはなりません。

怖い…

いずみん

エレベーターホールに怖くて入れない。どうしよう…

でもよく見ると手前の方には輩がいないので、エレベーターは使えそうです。

あとで分かった話ですが、このビルの地下にはクラブがあるそうで、そこのお客さんのようです。

いずみん

なんとか上がれそう。

ちゃんと4階にあるのを確認。

エレベーターで上がりました。

 

レコール・デュ・ヴァンに到着

4階に到着。

直ぐに受付があって、検温と必要事項を記入して、教室へ案内されました。

机の上には記入用紙があり、氏名や連絡先、住所などを記入します。

(住所は書かなくても大丈夫かも)

教室には全部で3席にグラスが置かれていました。

体験講座スタートの19時までに来たのは、わたしと女性(40代)の二人のみ。

服装についてはカジュアルな普段着でも全く気まずくない雰囲気の教室です。

いずみん

そっちの方がリラックスして受講できる!

 

テイスティング体験スタート!

当日のタイムスケジュールはこうでした。

最初の15分間は事務局からの説明で、講座の種類やソムリエ、ワインエキスパート試験について解説がありました。

それが終わるとワインが4種類、グラスに注がれました。

テイスティングのワイン
〇シャルドネ
〇ソーヴィニヨンブラン
●ピノ・ノワール
●カベルネ・ソーヴィニヨン

※いずれも年代や産地は不明でした。

 

こんなことを話してくれました!

今回の講師は40代くらいの女性で、とても気さくな方でした。

講義内容は主に4つです。

講義内容
ワインの作り方(ワインはぶどうだけあれば作れる!)
ぶどうは奇跡のフルーツ(ぶどうには水分・糖分・酵母が全て含まれている)
テイスティングの解説(味覚や匂いについて軽く解説)
本番講座の説明(とてもアットホームな教室)
勧誘(これは冗談かも?)

とにかくワイン愛がすごいです(笑)。

ワインはぶどう以外に何も加えずに作れちゃうし、実は歴史が古くて約6000年も前から飲まれている話などがありました。

「とにかくみんなで楽しみながら一緒に勉強しましょう!」とか、「どうせ通うなら、ソムリエ・エキスパート対策講座で深く学びませんか?」みたいな話もしていました。

いずみん

とにかくワインを愛しているのがひしひしと伝わってきますね!

 

テイスティングについて

そしてメインのテイスティングの時間です。

ワインの色や香りについて比較をしました。

今回はテイスティングについて、あっさりとした解説でした。

「テイスティング」のt子音くらいのイメージです。

ぶどうの品種や産地によって違ってくることもありますが、ワイン樽の内側を少し焙っておくと、ワインに香ばしさが出るとか。

テイスティングの手順については配布資料に細かく記載されているので、掴みだけを分かりやすく解説してくれました

※ワインのテイスティングではグラスに注がれたワインを少し口に含み、飲み込まずに吐器(紙コップ)に吐き出すのはマナー違反ではありません。なのでお酒が強くない方でも楽しめます!

いずみん

それなら楽しめそう!!

 

QAタイム

残りの時間で講師とのQAタイムがあったので、色々と質問してみました。

この時間は20分あり、ワインが好きな人にとっては色んなことを講師に質問できる貴重な機会です。

わたし含めて今回参加した受講生二人は、ワイン初心者であったため、初歩的な質問をしました。

どんなワインが美味しくて、おすすめですか?
 
おすすめは…「人それぞれ」です!
 
ワインは勉強していないと「高い」「有名」を基準に選んでしまいます。
でも勉強していくと、お気に入りの「作り手」など、自分の好みを見つけられますよ!
ワインの味のピークって分かるんですか?
 
プロでも分かりません。
 
ワインは同じ産地・作り手・年代であっても、保存環境によってもピークの時期が違います。
今から飲もうとしているワインの味ピークがいつなのかは、プロでも分かりません。
だからみんあ6本セットなどで購入して、時期をずらしてピークの答え合わせをしているんです!
ワイン講座の男女比やどんな方が受講されていますか?
 
基本的には半々くらい。飲食店の方が多いです。
 
基本的には少人数で10人~20人です。年齢層は20~74歳まで幅広いです。
曜日によっても異なりますが、男性が多い会もあれば、女性が多い会もあります。基本的には男女比半々の会が多いです。
私の担当しているソムリエ・エキスパート対策講座の構成比としては飲食関係5割会社勤め2割CAさん3割といったイメージです。
このスクールでは男女の出会いを求めてくる人は、ちょっと違うかなと言う感じの雰囲気です。
生徒さんたちの雰囲気は?
 
とてもアットホームな感じで、私も含めてみんなで仲良く食事にも行っています!
 
少人数だからこそ、楽しくアットホームな感じです!服装は基本カジュアル。
生徒さんのお店に行って、講座終了後にみんなで楽しくワインを飲んだりもしています。
もちろん予定がある方や、そういう場が苦手な方は来ていませんが。
講座の振り替えは可能ですか?
 
もちろん可能で、録画配信もあります!
 
どうしても都合が合わない場合は、振替制度や録画配信もあります。
またテイスティング用のワインも、スクールにきていただければ提供可能しています。

 

 

結局、勧誘や高いワインを買わされたり…

いずみん

結局、勧誘や高いワインを買わされたりとかはあったの?

Cot

全くありませんでしたが、一つだけ冗談なのか、本気なのか、勧誘が少しだけありました。

講師がQAタイム終了後に、「一緒にワインについて楽しく勉強しましょうよ!スタッフさん、申込書を持ってきて!」という発言があって一瞬、「やっぱり勧誘か!」と思いました。

しかし後ほど事務局の方に聞いたところ、通常はこういった勧誘はなく、講師のワイン愛を私たちにも知って欲しかったようです。

ちなみに申込書は紙媒体ではなく、ネットからだそうです(笑)。

いずみん

じゃあ、高いワインを買わされたり…

事務局の方にそれも冗談で言ってみましたが、「じゃあ、買って行きます(笑)?」という返答でした。

Cot

総じて勧誘は全くありませんでした。

 

レコール・デュ・ヴァンの魅力とは!?

講師や事務局の方にもインタビューした内容や、他のワインスクールと比較して、レコール・デュ・ヴァンの魅力をまとめました。

こんなスクール!
・庶民派で親しみやすい!
・みんなで楽しく和気あいあいとワインを勉強したい!
・少人数制なので講師とのキョリも近い!
ここは不便かも…
・講座の種類が少ない
・基本的には土日昼で平日夜間の会が少ないので振替が大変かも

個人的には受験生のときの「塾」っていうイメージでした。

「予備校」みたいに魅力的な講師と生徒間の距離が遠いというイメージではありませんでした。

 

さいごに

ワインをもっと楽しいんで飲んでみたい!と思う方にはおすすめです。

勧誘はありません。

大手のワインスクールですが、良い意味で庶民的なので、敷居が低いです!

ワインについて入門の人は楽しめるし、ある程度知識がある人でも講師とのQAは魅力的です。

ただし夜間は人通りが少なくて少し怖いので、土日や平日昼間がおすすめかもしれません。

この記事に関連するラベル

ページトップへ