雨上がり決死隊解散!今後の2人はどうなる?【勝手に占ってみた!】

記事更新日: 2021/08/17

ライター: えりち

2021年8月17日朝、衝撃のニュースが!

 

雨上がり決死隊、解散!!!

19年6月に発覚した闇営業問題以来、事実上活動を休止していた、宮迫博之(51)と蛍原徹(53)のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が解散することが17日、分かった。本日中にも正式に発表される。

——出典:日刊スポーツ(https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108170000124.html

雨上がり決死隊といえば、これまでも水10の「ワンナイR&R」や「リンカーン」、「アメトーーク!」など、数々の名バラエティ番組で活躍してきたお笑い芸人。

えりち

私もアメトーーク!を観ないと1週間頑張れないほど、大好きな番組!

雨上がり決死隊を観ない週はなかった!

宮迫さんは、2年前の闇営業問題によって活動休止をされていましたが、Youtubeの開設等で芸能活動を徐々に再開。

今後、蛍原さんと2人での「雨上がり決死隊」の復帰があるのかどうかなど、進退を気にしているファンの姿もありました。

 

そんな中での今回の報道。

第一線を走ってきた2人の解散に、落胆する方も多いことでしょう。

 

今日は僭越ながら、占い師でもあるえりちが、お2人の気持ちや今後の動向についてを、勝手に占わせていただきました

えりち

相手が芸能人なので「本当に本心ですか?」と確かめる術はございませんが、宮迫さん、蛍原さんの未来に幸多からんことを願いまして、お2人のことを占いました。

えりちもですが、今後の2人が心配なお笑いファンの方、ぜひご参考までに!

(2021/08/17/16:30 記)

2人のプロフィール

【宮迫 博之】みやさこひろゆき

  • 1970年3月31日生まれ
  • 大阪府茨木市出身
  • 主にボケ担当。立ち位置は向かって左。

【蛍原 徹】ほとはらとおる

  • 1968年1月8日生まれ
  • 大阪府門真市出身
  • ツッコミ担当だが天然のため時にはボケ役になる。立ち位置は向かって右。

 

さっそく占ってみました。

えりち

過去〜現在、そして3ヶ月後、半年後の未来までを占ってみました。

気になる箇所がありますが、順番に解説したいと思います!

 

過去(不祥事のあった頃のようす)

過去ですが、宮迫さんの方には「知性・気づき・精神性」などを表す女教皇と、「芯の強さ」などを表すワンドのクイーンがいずれも逆位置で出ています。

闇営業の不祥事がありましたが、冷静さや判断力を欠いてしまって事態を招いてしまったこと、そしてそれによって信用を失い立場が揺らいでしまったことがカードに出ています。

えりち

カードの特徴も踏まえると、もともと宮迫さんはワンドのクイーンのもつ「火」や「ひまわり」のように周りを明るくできるような存在であり、底力もお持ちの方のよう。この件でそれが揺らぎ、孤立(=表舞台に出ず謹慎)することになってしまったようです。これはニュースでも見た通りですね。

対して蛍原さん。

失意」を意味するソードの3と、「完成・完全・最高潮」などを意味する世界のカードの逆位置です。

えりち

ずっと長いこと組んでいた相方の不祥事に悲しむ気持ちはもちろんですし、宮迫さんを思って大変心が傷んだようです。これまで築き上げてきた雨上がり決死隊としてのキャリアや地位、それが崩れてしまい不均衡な状況にあり、これまでの生活が一変してしまったことが伺えます。

おそらく蛍原さんの心労がかなりあったように想像出来ます。

 

現在のようす

今回のこの解散報道を受けての、今のお2人の様子です。

まず宮迫さんは、正位置でも逆位置でも「崩壊」などを意味するのカード。

えりち

逆位置であり意味は少し弱まっていますが、今はまだお気持ち的にも身の回りも、混沌とされているようです。

方向転換を意味したりしますので、これまでのものが一度終焉を迎え、次のステージに向かっていく暗示でもあります。

 

対する蛍原さんは、正義のカード。

えりち

本心は確かめられませんが、気持ちはどうであれ、後悔をしないような判断をしたという風に考えていらっしゃるかもしれません。今回の解散の決断を真摯に受け止めて、受け入れている様子が見られます。

 

2人の今の繋がりと障害

えりち

絆は、ある!

お2人は、NSC時代からずっと一緒に活動し、吉本印天然素材や各番組の司会など、幅広く長いキャリアを共に積んでいらっしゃいます。

ペンタクルの3は「進歩」を表したりしますが、何もなかったところから積み上がってきたこれまでの絆と、そしてこれからまた1歩進んでいき、何らかの形になっていくことを示唆しています。

 

2人の障害のところには「本心を隠す」などの意味のあるソードの7が出ていますが、逆位置であり、問題は解決する方向に向かっていくことや状況が好転していく意味がありますので、

包み隠さずに本音を言えば問題は解決できる間柄であるようですし、解散したからといって、表向きには一緒に活動しなくなるかもしれませんが、これで絶縁!というような感じはしませんでした。

えりち

今後はお仕事上でのお付き合いが薄くなるかもしれませんが、これまでもこれからも、小さなものを1つずつ積み重ねていって進歩していくような間柄であるようです。

 

未来(3ヶ月後・6ヶ月後)のようす

だいたい半年くらい先までを見てみました。

えりち

宮迫さんは今後半年までの間、心身が疲れることが多く、1人で戦わなくてはならないことが増えていきます。

「火」に属するワンドのキングが逆位置で出ていますが、自分の心の火が消えそうになること(予期せぬこと)が起こって感情を掻き乱されるとまたうまくいかなくなるようですので、半年間はじっと耐える必要がありそうです。

現在Youtubeをやっていらっしゃいますが、今後もそれは継続されていくと思います。

何かが大きく動いて新しいビジネスをする!という感じはみられませんでしたが、Youtuberとしてそれなりに地位を築いていかれるようです。

 

対して蛍原さん。

3ヶ月後くらいまでには気持ちもひと段落ついてくるようです。

えりち

えりちは3ヶ月後くらいまでは普通に「アメトーーク」も蛍原さん司会で続くんじゃないかと予想。(ていうか、ずっとアメトーークは観ていたいよ…!)

蛍原さんも新しいステージ突入となり、時々波がありつつも、特段大きな動きもなく、今のまま芸能界でお仕事を続けていかれるようです。

 

そのほか気になったこと

①カードが逆位置ばかり!

通常、逆位置ばかりだと、

  • その対象が占いに適する状況にない
  • 正位置の意味ほど勢いがない
  • 正位置の意味が過剰になっている
  • 正位置の意味が叶うまでに時間が必要

なんていう解釈を加えますが、今回の場合、まだ騒動の最中ですからお2人の身辺が雑然としていることや、騒動がしばらく落ち着かないこと、お2人の元気が100%ではないこと、を意味していると解釈します。

えりち

しばらくは、お2人の身の回りは落ち着かないようですね。

 

②2人のカードの印象

正逆を考えないでカードを見ていきますと、

蛍原さんは愛情や感情を司る「カップ」のカードや世界、正義のカードがあり、おおらかで優しそうなお人柄であることや真面目なお人柄であることが伺えます。

えりち

優しそうなのは見た目からもなんとなくわかりますね。

宮迫さんは知性やエネルギー、火を司る「ワンド」のカードがクイーン・キングと2枚、そしてキングはもう1枚、カップとして出ています。

それらが現在のようすの塔のカードを挟んで、女性性のあるカード(女教皇・ワンドのクイーン)から男性性のあるカード(ワンドのキング・カップのキング)にがらっと変化しています。

えりち

人物を表すカードがたくさん出ていますよね。

これは、過去から未来にかけての宮迫さんの価値観や立場が、今回の件を挟んでガラリと変わっていく様子が伺えます。

2年前から今日までの出来事は、宮迫さんにとって、とても大きな意味があったといえますね。

 

さいごに…

このコーナーは、あくまで勝手に占ったものであり、参考程度にしてお楽しみいただければ幸いです。

えりち

雨上がり決死隊のお2人の解散は残念ですが、お笑い好きとしてはそれぞれの場所で今後も活躍される宮迫さん、蛍原さんを応援していきたいです!

芸能人ゆえ、さまざまなことを言われたり書かれたり、これからも大変なことはしばらく続くかと思いますが、

お笑いのいち時代を築いてくれた雨上がり決死隊のお2人には感謝の気持ちを込めつつ、これからも応援していきましょう!!!

 

 

合わせて読みたい

 

 

この記事を書いたライター

えりち

ライター業の傍ら、某サイトの現役の占い師としても活躍中。

多趣味な占いマニア。

■プロフィールはこちら

グレバリのInstagram(フィード投稿担当)

この記事に関連するラベル

ページトップへ