過食嘔吐の人の特徴は?顔つきや体型を元摂食障害者本人が簡単に解説!

記事更新日: 2021/09/05

ライター: あおば

 

よくテレビで行われる大食い選手権。

ふつうの体つきなのに、驚くくらい食べる人たちをみるとどこに胃袋があるんだーーーと思いますよね。

 

あおば

実は…過食嘔吐かも?

 

過食嘔吐の人の顔つきや特徴とは。

実際に元摂食障害を経験した私が語ります。

 

 

あおば
ガリガリになりたく失敗したOL
ガリガリになりたくて偏った食事、生活をしたため摂食障害に。
拒食➡過食➡過食嘔吐➡非嘔吐過食…と流れて闘病約4年間。
反省をして生活を見直した結果、今は自分の体が認められるようになりました。

過食嘔吐って何?

過食嘔吐とは、摂食障害の人の分類の一つ。

厚生労働省の難治性疾患(難病)にも指定されている病気です。

 

普段は常に痩せたいとコントロールしているのですが、衝動的なストレスなどにより普段食べる分よりも大量に食べ過ぎ、

それによる罪悪感などから嘔吐してしまい、

 

ただ体は飢餓状態のままなので食を追い求める…というループに陥ってしまっていることです。

 

過食嘔吐の人の特徴

食への強いこだわり

過食嘔吐の人はだいたい自分の中での許容ゾーンが決まっています。

1日何kcalならOK、野菜ならOK、ゼリーならOKなど…

この許容ゾーンを人に侵害されることをひどく嫌います

あおば

私は白米NG、葉っぱ系の野菜なら許せる…とかでした/p>

 

なので、仲間での飲み会や、友達と行くごはんなどはできるだけ避けたい。

あおば

そして交流が減り友達が減っていく…/p>

という状況に陥りがちです。

 

スイッチが入ったら止められない

一度「過食スイッチ」がオンになると止められません。

あおば

とりあえず私はスーパーに走って、レジ袋4袋くらい抱え込んで買いだめしてきたな(1食で消費されます)/p>

食べる時間、吐く時間の確保の方が何よりも重要になってくるため、

平気で他の予定をすっ飛ばします

 

あおば

そして吐いた後の顔がひどすぎて誰にも会えない/p>

 

優先順位は常に食>他の事です。

 

ガリガリだとは限らない

 

過食嘔吐の人は、全員が必ずしもガリガリというわけではありません。

というのも、その人の食の許容ゾーンであったり、吸収量であったりは人によって違うから。

ただ傾向として、痩せたい願望で過食嘔吐に陥る人が多いので細身の人が多いとはいえるでしょう。

 

過食嘔吐の人の顔つき

過食嘔吐の人ってどんな顔?

むくんでいる・顔がパンパン

よく顔がパンパン!と表現しますが、過食嘔吐の人は顔がむくみがちです。

あおば

吐くときに水分めちゃくちゃとるので本当膨らむ。顔パンパンになります笑/p>

 

 

 

 

唾液腺が腫れている

顔の耳の下にある骨の下…あたりにある唾液腺。

過食嘔吐の人は唾液腺が腫れがちです。

 

例えば、2016年ごろに摂食障害を患っていたと告白した、高橋真麻さん。

写真で見ると、手足がほっそりしている一方で顔はまん丸な感じがしませんか?

特に、耳下の唾液腺部分は腫れているように見えます。

 

あおば

ここが膨らむので顔が大きく見えてしまうんだよねえ/p>

 

歯がない

引用:東京新聞

歯がない…というとストレート表現すぎるかもしれませんが、

吐くときって「胃酸」も一緒に出すので、

その酸で歯が溶けていくんですよね。

あおば

私はこのこと無知だったので、、知ったときにやばいと焦りました/p>

 

 

 

まとめ

過食嘔吐っぽいな~と思ったり、そういう人を見かけたら

騒いだり、勝手に心配するよりかは、まずはその人(自分)の許容ゾーンを知ってあげることかなと思います。

あおば

言っておくと、死にたいわけじゃない、ただ痩せてきれいになりたいの/p>

そのコントロールがうまくいかない、常に罪悪感で満ち溢れていて強迫観念に追われている。

 

そのことを理解してくれる人が周りに一人でもいると、安心感が全然違いますし

そのままの自分で大丈夫、と思えることが摂食障害克服の第一歩となっていくはずです。

 

ただし、どうしても見ていられなさそうなら専門家への相談をおすすめします。

 

 

合わせて読みたい

 

 

 

この記事を書いたライター

あおば

 

自然が好きなナチュラルずぼら女子。

摂食障害の経験をもつ。

 

今は自分と向き合いつつ、サステナブルで心豊かに生活していくために実践できることも話しています。

あおばのインスタグラム

この記事に関連するラベル

ページトップへ