元花屋が解説!初心者向け花の買い方と気を付けたいタブー

記事更新日: 2021/07/14

ライター: あおば

お花を買いたいんだけれど、花屋って普段行かないし緊張する…!!失礼にならない買い方、マナーってあるのかな?

普段から買いなれている人は良いですが、イベントや特別なときに買う人にとっては意外とハードルが高い花屋(外から見ることはよくあるが…)

 

今回は実際に花屋で勤務されていた経験をもつ まゆさんにインタビューしてきました。

あおば

海外の花屋にもいたんですね!?よろしくおねがいします

元花屋まゆ

ぜひ~何でも聞いてください

 

プロフィール
花屋勤務5年【まゆさん】
保育園の頃から花屋に憧れて、大手お花ブランドに就職
日本で経験を積んだ後は、もっと世界のお花を知りたくて海外へ単身で渡航
海外の花屋でも働いた経験も持つ
現在はお花の魅力を伝えるためにフリーランスで活躍中!

花屋に入る前にチェック

花屋は町の中にたくさんありますが、洋服屋のようにやっぱりターゲットによってお店の雰囲気は違うもの。

青山フラワーマーケット本店

自分がどんなお花を探しているのか

自分用にカジュアルにお花を買えるお店もあれば、

プレゼント向けに高級感あるお花を取りそろえているお店もあります。

 

あおば

なるほど…まずは癒される気持ちでお店に入ってみていいんだね!

元花屋まゆ

そうですね♪いろんなお花との出会いを楽しんでください

 

お花を買うときに気になるQ&A

1輪で買うのってあり?

 

あおば

1輪だけていうとしょぼい客な感じがして…

元花屋まゆ

全然ありです!そういうお客様結構いらっしゃいます♪

 

意外と花屋で1輪買いする人は多いのだとか。

たしかに、バラ1本もってプレゼントする人もいれば、ご自宅用に一本お気に入りの花を飾りたいという人もいるそうです。

 

 

花によって値段が違うのはなんで?

あおば

珍しさとか?流通量とか?

元花屋まゆ

それもありますが…基本は野菜と同じですよ!

 

野菜と同じような値段のつけ方、つまりお花を育て、配達するコストによるというもの。

また、需要が大きい(みんなが買いたいと殺到するとき)は値段が高くなる傾向にあります。

 

 

 

花束を買うときに絶対必要なこと

元花屋まゆ

お花を買っていただくときに、必ず聞くことがあります!

 

それが、⇩

 

元花屋まゆ

同じピンク系でも、おしゃれ系なのか、可愛い系なのかで花束作り方変わってきますので…

あおば

いわれてみると確かに!

 

仕入れの時期等にもよって、お花の値段は1輪ずつ異なります。

そのため、自分の好きな花をてきとうに選んでいくと思わぬ出費になることが…

 

はずせないお花は入れたい!とオーダーしつつも、どのくらいの予算で考えているのかを伝えておいてあげると、

お花屋さんがアレンジをしてくれてスムースに進みます。

 

最初から価格がついたものを買うのもあり

たまに店頭で、すでにブーケになっている状態のお花もあります。

このようなお花も気楽に買いやすく、初心者にとってはおすすめとのこと。

特に店頭に並ぶお花は、店員さんにとっておすすめであることが多いのでチェックしておくとよいでしょう。

元花屋まゆ

ただし!風当たりが強いところにあるお花は傷みやすいので避けてください!

 

花瓶や生けるイメージを考えておくと安心

お花を買ったらどこに置こう、どういう風に飾ろう…とあらかじめ考えておくとおすすめです。

というのも、自宅用にお花を買うとすると

「どのくらいの長さにしますか?」と聞かれることもあるから。

 

元花屋まゆ

花瓶などに合わせてあらかじめこちらで切ってお渡しするためです

あおば

これは知らないとパニクります…

 

もちろん、まだ決まっていないときなどは素直に伝えてOK

長めにしておいてもらえれば、後で自分で花瓶に入れるときに合わせやすいです。

 

ぶっちゃけ!花屋のオーダーで気を付けたいこと

あおば

ちなみに、お花を買いたいと頼むときにこれをされると困った!ということはありますか?

元花屋まゆ

本当いろいろありますよ~~笑

 

予算に合わない依頼

元花屋まゆ

大きい花束を作りたい!!けど予算が足りない…という人はどちらかにしてほしいですね、笑

 

やはり無謀な依頼をするお客様もいるそうです。

 

元花屋まゆ

花束の場合、最初に予算は聞くので、ボリュームと予算があっているかはチェックしてほしいと思います

 

入れるお花が多ければ値段も高くなるもの。

店頭に置いてあるような花束ブーケ等を参考にしつつ、その花屋の相場観を把握したり、

花屋と相談しながら自分のつくりたい大きさ、内容の花束がどのくらいの予算になるのか相談できるとよいでしょう。

 

お家で飾るようであれば、そこまで細かく決める必要はなさそうです。

 

 

花言葉からオーダーする

 

よく知られている、有名な花言葉は花屋の黒板にも書かれていたり、店員さんも把握する一方で、

マニアックな花言葉は苦労するとのこと。

あおば

これは…花言葉わからないと困りますね笑

元花屋まゆ

そうなんです!結局私も調べます…

 

定番の花言葉とかであれば覚えている人もいるかもしれませんが、

基本的には調べなおして時間がかかってしまったり、

サイトによって説明している花も違うので迷ってしまったり、

最終的にはお店に置いていなかったりする可能性もあるので気を付けましょう。

 

葉っぱなしのオーダー

 

お花を頼む際、葉っぱを入れられるのが嫌な人もいるそうですが…

元花屋まゆ

できることはできるけど…むしろ葉っぱを入れた方が、お花が際立つのに!

 

メイクもお洋服もそうですが、何事も足し算と引き算が必要。

お花の飾りも同じように、葉があってこそ花が映えるとのこと。

あおば

確かに、花だけだとメリハリなくなってしまうのね~~

 

ただし、チューリップなどの一部の花では花だけの方がキレイなこともあるそう!

 

元花屋まゆ

花屋におまかせするのが一番!!!

 

 

マナーを守ってお花を買いましょう

 

未知の場所にいくのには不安とわくわくの気持ちが両方…!

今回まゆさんと一緒に花屋めぐりもしましたが、本当に眺めているだけで心が浄化されるくらいお花がたくさんでとても楽しかったです♪

まずは一足踏み入れてみるところから。

 

合わせて読みたい

 

この記事を書いたライター

あおば

 

自然が好きなナチュラルずぼら女子。

摂食障害の経験をもつ。

 

今は自分と向き合いつつ、サステナブルで心豊かに生活していくために実践できることも話しています。

あおばのインスタグラム

この記事に関連するラベル

ページトップへ